不動産売却の基礎知識 first

  • Home
  • 不動産売却の基礎知識

不動産を売る前に知っておきたい基礎知識

不動産を売却するのが初めてだという方も多いでしょう。わからないことがあり、不安を抱えているかもしれません。まずは、不動産売却を実行する前に知っておいてほしい基礎知識を解説していきます。基礎知識を持っていることで、安心してご自分の希望する不動産売却を行えるでしょう。

世田谷リアルエステートでは、東京都世田谷区に根差した不動産売買を行っています。地域の特性を活かし、お客様のニーズに合わせた売買が可能です。世田谷区で不動産売却をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?

  • 不動産を売却したいけど、何から始めたらいいかわからない
  • 不動産を売却する方法って何があるの?
  • 不動産売却に必要な書類って何?
  • とりあえず大手に相談しようと思う
  • 空き家となった実家はどうすればいいの?
  • 確定申告の手続きが不安、税金関係がよくわからない

こんな思い込みには注意してください

こんな思い込みには注意してください

売主様と買主様の両方を請け負うことができる場合、その両方から仲介手数料を受け取ることができます。

大手不動産会社では仲介手数料を最大化させるために、自社の顧客にしか物件紹介しない「囲い込み」を受ける恐れがあります。そのため、売主様は希望する金額での売却が実現できない可能性があるのです。

また、大手不動産会社の場合、地元に根付いた詳細な情報を持っていないこともあるため、地域のニーズにマッチした販売活動ができないケースもあります。

pick up

「レインズ(REINS)」とは?

「レインズ(REINS)」とは?

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムを「レインズ」といいます。レインズは全国に4つあり、各地方で売りたい方、買いたい方の依頼に基づいて不動産情報を公開しています。

レインズに掲載されるには、登録が必要です。媒介契約制度に基づく登録を行うことで、安全であることが証明できます。全国の不動産会社がレインズを活用しているため、物件情報を多くの購入希望者に知らせられるうえに、多くの事例が蓄積されているので適正価格の参考としても活用できます。

このように売却する際に大きなメリットとなるレインズですが、物件情報が広く知られてしまうため、反対に物件の売却を周囲に知られたくない人にはおすすめできません。

信頼できる不動産会社の
選び方とは

こんな思い込みには注意してください

不動産業に限らず、営業マンは笑顔で感じのいい、話し上手や聞き上手な人が多いです。挨拶も気持ちよく、さわやかな印象を受け「良い人そうだから、相談してみよう」と考える方も少なくないでしょう。

しかし、笑顔の営業マンでも「良い営業マン」と「悪い営業マン」がいます。最後まで親身になってくれる人もいれば、契約を取ったらろくに動いてくれない人もいるのです。信頼できる不動産会社の営業マンを見分けるためには、以下のポイントに注目してみてください。

  • 相談時間の融通が利くか?
  • 良いことばかり言っていないか?
  • 建物の構造や土地の権利について詳しいか?
  • わからないときはその場を誤魔化さず、後日しっかりと答えてくれるか?
  • 立地上の防災リスクについて話してくれるか?

これらのポイントをチェックしたうえで、本当に自分の力になってくれる不動産会社が選択することをおすすめします。

不動産売却の方法

不動産売却の方法

不動産を売却する方法は主に「仲介売却」と「不動産買取」の2種類があります。仲介売却では、売り主が不動産会社に仲介を依頼して、販売活動を行いながら購入希望者を探します。売却価格を売り主の希望を反映させて決めることが可能で、タイミングが良ければ相場価格、もしくはそれ以上の高値で売れる可能性もあります。

不動産買取は、不動産会社が直接不動産を買い取る方法です。販売活動を行って購入希望者を探す手間が省けるので、短期間で現金化できます。ただし、仲介売却と比べると売却価格が低くなる傾向にあるので、金額を重視したい人にはおすすめできません。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

違い 仲介売却 不動産買取
買い主

主に個人のお客様

不動産会社

売却までの期間

媒介契約を交わして買い主を探すので、売却完了まで時間がかかる

不動産会社が購入するため早期の売却が可能

売却価格

相場価格と同等の金額で売却できる可能性がある

仲介売却に比べると、売却価格が低くなる傾向にある

不動産を売却する際に必要な書類とは

不動産売却手続きに必要な書類を紹介していきます。ただし、売却する不動産の種類や売却方法によって、準備するべき書類が異なります。ここで紹介する書類は頭に留めておき、実際の売却時に必要となる書類は、依頼する不動産会社に確認しましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

書類・準備物 内容
土地・建物登記済証(権利証)
または登記識別情報
その不動産の所有者が登記名義人であることを証明するもの
実印 共有の場合は、各々の実印が必要
印鑑証明書 実印を登録している市区町村窓口で発行可能
※3ヶ月以内に発行したものに限る
固定資産税・都市計画税納税通知書 年税額の確認や買い主様との税負担割合の清算のために必要 ※最新のものを準備すること
パンフレット・管理規約
管理組合総会議事録など
(マンションの場合)
物件購入時のパンフレットやマンションに関する規約、説明書など
建物確認通知書・検査済証 建築基準法に則られて建築されていることや、工事完了検査を確認したことを記載している書類
測量図・建物図面・建築協定書など 売却する土地の境界線や建物の図面を明確にするための書類など
物件状況等報告書 建物や土地の状況が詳細に記載してある書類
設備表 引渡し時点での設備の有無が記載してある書類
印紙、または印紙代 不動産売買契約書に貼付する印紙
本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証など
仲介手数料(半金) 不動産仲介会社への支払い
※残りの半分は売却完了時に支払う
不動産売却にかかる費用や税金を知っておこう

不動産を売却するとなると、まず売却価格だけに目を向ける方が多いです。しかし、実は売却するには費用や税金がかかるため、売却価格がそのまま利益になることはありません。また、不動産を相続した場合は、相続税も課税されるのでそれらの金額も把握しておく必要があります。不動産の売却を検討しているのであれば、それにかかる費用や税金を知り、その物件やケースに合った最適な売却方法を選択しましょう。

不動産売却のことなら「世田谷リアルエステート」へ
すべておまかせください

不動産売却のことなら「世田谷リアルエステート」へすべておまかせください

不動産を売却するためにまずしなければならないことは、正しく売却をサポートしてくれる不動産業者探しからです。不動産のプロによる査定を受け、適正な売却価格を把握することが、スムーズな不動産売却の第一歩となるでしょう。

「世田谷リアルエステート」では、不動産の査定や売却方法の相談を無料で承っています。「売りたいのにどうすればいいのかわからない」「いくらで売れるのか知りたい」という方は、お気軽に当社へご相談ください。